大腸がん 検査

大腸がん関連コンテンツ

大腸がんの検査
大腸がんの検査方法は色々あります。 そこで、幾つか大腸がんの検査方法(事前に調べることで失敗の ..... >> 続きを読む

大腸がんの初期の症状

大腸がん(そのほとんどが腺腫性ポリープから発生するため、定期的な検査で除去できるのだとか)でお亡くなりになる患者さんは多く、年々増えているといわれています。しかし、早期発見することによって、手術せずに完治させることも可能です。

では、大腸がんの初期の症状とは、どのような症状なのでしょうか?

大腸がんの初期の症状は、主に2つあります。

・血便と下血
・下痢と便秘の繰り返し

大腸がんの初期症状として、最も代表的なのが、血便と下血です。



便の中に血が混じっていたり、肛門から出血している場合は、大腸がんの疑いがあります。ただ、ほとんどの方は、あまり気にせずに生活してしまうので、発見が遅れてしまうケースが多いです。

体調が悪くなくても、このような症状が見られる場合は、念のために医師に相談した方が良いでしょう。それに、下痢(人工甘味料などを摂り過ぎても起こることがあります)と便秘を繰り返している場合にも、大腸がんの事もあるかもしれませんね。

ひょっとすれね、単なる体調不良による場合もあるかもしれませんねが、血便や下血と同じく、病院で検査などを受けるようにしてください。大腸がん(食生活の変化などに伴って、日本でも二番目に多い癌となりました)には、これ以外にはっきりわかるような自覚症状がないため、注意する必要があるのです。

大腸がんの治療法

大腸がんの治療法は、大きく分けて4つあります。

・手術
・抗がん剤治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)
・放射線治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)
・免疫療法

これらの4つが、現在行われている一般的な治療方法です。大腸がんの手術は、内視鏡手術・腹腔鏡手術・開腹手術の3つが主に行われています。

早期発見の場合には、内視鏡手術を行い、ポリープを焼き切ると言うのが一般的でしょう。腹腔鏡手術や開腹手術は、内視鏡手術では困難な場合に行われます。

抗がん剤治療は、手術後の再発を防ぐ時や、手術ができない状況の際に使用される治療方法になります。

また、抗がん剤治療には、吐き気や脱毛といった副作用(服用の前にどんな不調が起こりえるのか、きちんと説明を受けましょう)があるんです。

放射線治療は、腫瘍に放射線を照射し、腫瘍を縮小させたり、再発を防止する治療方法で、抗がん剤治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)同じように、副作用が起こることがあるのでしょうか。

免疫療法というのは、患者さんの免疫力をUPさせ、がん細胞を殺傷させます。この免疫療法は副作用が少ない治療方法ですが、残念ながらまだ研究段階です。

大腸がんの治療は、このような方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)でおこなわれていて、その時の症状によって治療方法は異なります。いずれにしても、早期発見が非常に重要なので、何か身体に異変を感じたら、迷わずに医師の診察を受けましょう。

 

サイトマップ