肺がん 生存率

肺がんの生存率

肺がんの生存率でよく使用されるのが5年生存率です。5年生存率とは初回の治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)から5年後に生存しているかどうかを示す割合をいいます。

まず、肺がんの場合は5年生存率が高い方ではありません。

他の病気(先天的なものも少なくないでしょう)と比べると低いです。しかし、だからといって、諦めてしまうのはやめましょう。

生存率が低いと診断されたとしても、元気に数十年生活(後で振り返ると懐かしくなることもよくあります)している人もいます。そして、生存率は肺がんの種類と病期により異なります。

例えば、非小細胞肺がんの場合、ステージTだと70〜80パーセント、ステージUだと50〜60パーセント、ステージVだと30〜40パーセント(放射線・化学療法後は15〜20パーセント)、ステージWだと1年生存率が50〜60パーセントだといわれています。

ステージTだと生存率が高いですが、それ以降になってしまうと一気に生存率が下がってしまうと言ったのが現実です。早めに見つけて、できるだけ早く治療を行えばそれだけ生存率が高くなりますから、異変を感じた場合はすぐに病院で検査をうけるようにしましょう。

肺がんの再発率

肺がんは治ったと思ったとしても再発する可能性がある疾患なんです。では、どのくらいの確率で再発するんでしょうか?

肺がんの再発はおよそ10%〜二十パーセントだといえるはずです。こうしてみるとそこまで高くないように思うかもしれませんが、そんな事はないでしょう。

10人に1人から2人が再発することになるので、再発する可能性は高いと考えた方がいいですね。そして、厄介なのが再発すると進行が早く、治療が難しくなることです。これは、以前まで使用していた抗がん剤に対して耐性ができてしまって、効かなくなることが多いからです。そのため、以前と同じような治療をしても治る可能性が低いでしょう。

再発した場合はこれまで使用したことがない薬を用いたり、手術や放射線療法によっても治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)を目指すことになりますね。

ただ、再発しても早めに対処すれば治る可能性はあるので、再発予防のためにも定期的に検査を受けるようにしてください。また、免疫力をアップさせるような生活習慣を心がけましょう

肺がんの末期は治らないの?

肺がんの末期になってしまった場合絶対に治らないのでしょうか?

結論からいうと治すのは難しいです。

末期になると既に手の施しようがない状態なので、基本的には治せないと思った方がいいかもしれません。しかし、稀に末期から治ったという話も聞きます。

例えば、以下のような方法で末期から治ったという人がいます。

・血行促進
・免疫力強化
・ストレス解消

血行を促進させることで自律神経(バランスが崩れてしまうと、自律神経失調症と呼ねれる状態になります)を改善させ、肺がん治療に効果を発揮する可能性があります。また、免疫力をアップすることは、末期に関わらず、肺がん治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)に大切なことです。

ストレスが溜まると免疫力が下がってしまうので、できるだけ溜めない工夫をするのがいいですね。これらの方法(事前に調べることで失敗の確率を減らせることもあると思います)で治ったという人もいるので試してみる価値はありそうですが、いずれも病院で受ける専門的な治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)ではありません。

そのため、効果がない事もあると思ってください。

こういった方法(あれこれと論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繭り返す方がいいこともあります)で末期から治った人もいる一方で、何をしても治らなかったという人もいるのです。

ただ、大事なのは最後まで諦めないことです。

 

サイトマップ