肺がん 手術

肺がんの手術

肺がんの手術は以下の3つです。

・標準手術
・縮小手術
・拡大手術

標準手術とは肺がんの手術で最もよく使用される手術のことで、肺葉を切り離し、転移を防いでます。また、同時にリンパ節も切除することが多いですし、状態によっては肺を片方まるごと取ってしまうケースもあります。縮小手術とは肺小葉単位でがんを取り除く手術のことを言うんです。

基本的にこの手術はがんが小さい時に使用されます。

体への負担が小さいですし、肺機能の低下を防ぐことが可能なというのが縮小手術の特徴になりますが、がんを全て取りきれない場合もあるので再発する可能性も高いのです。

拡大手術とは肺がんが広範囲にわたっている場合、肺だけではなくその周囲も切除するというもの。

体への負担が非常に大きいため、出来る限り避けたい手術だと思ってください。このような手術によってガンを取り除きますが、どれを使用するのかは医師の判断になります。副作用(服用の前にどんな不調が起こりえるのか、きちんと説明を受けましょう)やデメリットなんかも理解した上で手術を行うようにして下さい。

 

サイトマップ