肺がん 原因

肺がんの原因


肺がんの原因は以下の通りです。

・喫煙
・女性ホルモン(分泌量が不足しているのであれね、サプリメントを利用したり、医学的な治療を行った方がいいかもしれません)
・大気汚染

皆さんもご存知だと思いますが、喫煙は肺がんを引き起こす可能性が高いと思います。喫煙者の方の場合、肺がんになる確率(高いからといって必ずしもそれが起こるとは限りません)が非喫煙者の4倍〜5倍なんです。

特に1日の本数×喫煙(最近では、どんどん価格が上がっているため、止める人も増えてきました)年数が600以上になるという方は肺がんリスクが非常に高いです。体のことを考えるのであれば、早めに禁煙(禁煙外来では、一定の条件を満たしている場合、健康保険が適用されます)された方がいいでしょう。また、女性ホルモンも肺がんと関係していると考えられているんですね。

女性ホルモンの一種「エストロゲン」の分泌が過剰に増えると肺がんになる可能性があります。

そして、大気汚染も肺がんの原因として非常に大きいです。化学物質、ほこり、黄砂、雑菌(黴菌と表現することもあります)という有害物質を吸いこむことで、肺がんを発症させる恐れがあるんでしょうか。このようなことが原因で肺がんを発症させてしまうというのを理解しておいて下さい。

この3つの原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)の中でも、喫煙なら今すぐに対策を取ることができるので、禁煙(喫煙してはいけない場所、または、喫煙を止めた人をいいます)外来などを利用してやめる努力をしましょう。

肺がんはどんな症状

肺がんになった場合、以下のような症状が現われます。

・咳
・呼吸困難
・息切れ
・息苦しさ
・胸(女性はバストの大きさが気になり、男性は筋肉の付き具合が気になることも多いでしょう)の痛み
・体重減少
・発熱
・痰
・血痰

初期の症状としてみられるのは咳、痰、胸(昔から心はここにあると考えられてきました)の苦しさ、発熱といったものです。風邪(最近では、抗生物質や解熱剤を服用するのはあまりよくないと考えられているみたいですね)に似た症状なので、気付かずにそのまま放置してしまう人も多いだと言えるのです。

肺がんは早期発見・早期治療が大切な病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)なので、異変を感じた場合は念のために病院で検査を受けた方がいいでしょう。そして、肺がんの症状のなかにも注目したいのが咳です。

風邪の場合の咳は段々と落ち着いていきますが、肺がんの場合は長時間続き、治ることがありません。それどころか、ますます悪化していくのが肺がんの咳です。

1ヶ月以上ずっと咳が出ている場合は風邪ではなく、肺がんの可能性があるので受診された方がいいです。また、痰に血液が混じる血痰が現われた場合も肺がんを疑ってください。血が混じるといってもそこまで濃くはなく、うっすらとしか血が混じっていません。

肺がん関連コンテンツ

肺がんの検査方法
肺がんの検査方法は何種類かありますが、代表的な検査を二つ紹介しておきます。 @ 胸部X線検査  ..... >> 続きを読む

肺がんはどんな検査をする
肺がんの検査は以下のように大きく3つに分けられます。 ・健診 ・鑑別診断 ・確定診断  ..... >> 続きを読む

肺がんの末期は治らないの?
肺がんの末期になってしまった場合絶対に治らないのでしょうか? 結論からいうと治すのは難しいです ..... >> 続きを読む

肺がんの最新治療

肺がんの最新治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)として代表的なのが光線力学的療法(PDT)というものです。光線力学的療法とは気管支鏡を挿入し、レーザー光線によってもがんを治療する方法です。

従来の方法の場合、正常な細胞まで傷つけたり、がんを効果的に破壊できませんでしたが、この方法(あれこれと?論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繭り返す方がいいこともあります)を利用する事でピンポイントでがんを破壊できるようになっていますよ。

そして、光線力学的療法のメリットは以下の通りです。

・体への負担が少ない
・早期肺がんの完治率が高い

手術をする必要がないので、体への負担が非常に少なく済みます。呼吸機能が低下する事もありませんから、術後の生活に支障をきたすことがありません。

早期の肺がんなら9割以上の確率で完治できるといわれています。この驚異的な完治率が光線力学的療法の最大の特徴です。

ただし、光線力学的療法を受けられるのは、早期の肺がん限定です。がんの大きさが1cm以下、肝機能が正常、呼吸機能が低下している場合など、いくつかの条件(ないにこしたことはないかもしれませんね)を満たす必要があるのです。

という訳で井上俊彦氏のメディカルイーティングと併用して治療に取り組むという考え方も当然出てくると思います。個人的には推奨します。

 

サイトマップ