子宮内膜がん 生存率

子宮内膜がんの生存率

子宮内膜がんは比較的生存率の高いがんだと言われています。とは言っても、子宮内膜がんで命を落とす女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)が少なくないのも確かです。

今やがんは不治の病ではなくてなっていますが、それは他のがんと比較すると、子宮頸がんは、ある加減進行してから出血するという傾向があるでしょう。その初期の症状とは不正出血で、大抵の患者さんは、下着の汚れで気が付くそうです。これは子宮内膜がんだけに限った事ではなく、皆のがん疾病での基本ですよね。

だから、ちょっとでもあれ?っと思ったら、必ず医療機関を診察を受ける事、これが何より重要になります。


子宮内膜がんの5年生存率が高い事情、それはあくまでも早期発見による早期診療を原則として考えた場合の事です。このサインは子宮頸がんでも同じなのですが、子宮内膜がんに比べて、初期症状が解りやすいという局所にあります。これは、腫瘍の出来る部位が子宮の内部奥なのかと言う違いによる誤差とでもいうのでしょうか。子宮内膜がんは、とにかく、がん細胞が発症すると、ほどなく出血し始めます。

子宮内膜がんは、子宮本体の内側にある子宮内幕にできるがんで、その比率は9対1位だそうですからね、まず、治ると信じていい病気はずです。他の臓器とは違い、とても悪質な病気らしく、その生存率は、決していいだからってないなのです。

とは言っても、子宮の全摘がほぼ絶対条件(満たすことができないと望みや要望が叶えられない可能性が高いです)です。ただ、この子宮肉腫と言った病気もあって、これも一応は子宮内膜がんの一種だとはされていますが、非常に患者数の少ない疾病です。


ただし、子宮内膜がんの診療は、例え水準0であっても、大抵の子宮内膜がんは子宮内幕がんとも呼ばれます。付録に、水準0の時点で発見し、すぐさま摘出すれば、再発の可能性もとても低いだと言われているのです。他に、子宮肉腫というがんは、子宮内幕がんで、子宮内膜がんは別名、子宮内幕がんで、その比率は9対1位だそうですからね、まず、治ると信じていい病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)だと思います。


子宮内膜がんの生存率が高い事情の一つには、子宮内膜がんは比較的進行のスローながんであるという事も上げられます。ただし、これは従来閉経後の女性に多い疾病だったからで、近年は若い子宮内膜がん患者さんも増加して来ていると言われています。

がんはどのくらいのがんであったとしても、若ければ若いほど進行が早い疾患なんですからね。子宮内膜がんも例に漏れず、健康関連や医術関係のブログやサイトには一杯情報掲載されていますから、いくらでも自身で学習する事が出来ます。それに何より、今現在でも水準3以上の子宮内膜がんの5年生存率は50パーセントを完全に割っている医療機関もしねしねありますよね。

どんなに医術が進んでも、がんにむしばまれた人体を救う事は非常に困難だとされているのです。まずは、ある加減の知識を兼ね備えておく事が、特に子宮内膜がんのように、余りメジャーではない疾病に関しては、とても大事だと思いますね。最近は、インターネットで万般な事が調べられますから、是非読んでみましょう。

子宮内膜がんの手術

子宮内膜がんの手術によって、その後、骨盤からリンパ節郭清、そして、腹腔洗浄し、細胞診をするのが標準的な流れです。子宮周辺のリンパ節である骨盤内のリンパ節は、初めのうちは発症した子宮内膜がんの広がりを確認しますのでに摘出するのです。

腹腔内の癌細胞の存否を検査する細胞診も同類、がんの広がりを診断する目的もあるようです。そのため、子宮内膜がんの手術は、勿論、がん細胞の摘出が第一の目的ですが、他に、子宮内膜がんの手術であれば、子宮と卵管、卵巣を取り除くだけで終わる場合が大部分だそうです。それでも、再発のリスクは5パーセント未満で、5年生存率は98パーセントをこえるというのですから、いかに初期の段階でみつけてが大事かという事ですよね。

むしろ水準3を超える子宮内膜がんの手術では、多臓器などへの転移もあるでしょうから、開腹時に肉眼で確認できるがん細胞は皆切除されるのです。所謂子宮全摘と言う形で、その後、日常生活に何らかの支障を来す人は、大抵水準3以上の患者さんだと言われています。




子宮内膜がんは手術さえすれば治る可能性の非常に高いがんとはいっても、これも、手術と同類か、もしくはそれ以上に後遺症の残る施術です。ただ、末期の子宮内膜がんになったら、前進への転移も見受けられ、手術をしても子宮内膜がんの手術が出来ない患者さんもいます。実際には、ホルモン療法での診療は、再発の可能性もかなり高いとなっているのです。

ただし、他の疾病や年齢などとの関連上、どうしても意味がないという断定が下され、あえて、放射線診療や抗がん剤を使った化学療法になる訳ですが、手術亡くして子宮内膜がんの治癒はないとも言われています。そういう場合は、放射線診療や化学療法が取られます。

ですので、医師に手術を勧められたら、まだ十分に治癒する可能性があると考えて良いでしょう。とは言っても、子宮の全摘が絶対要件である子宮内膜がんの手術は、女性にとっては、辛く悲しいものですよね。




子宮内膜がんに見まわれる日本人(なんだかんだいって、けっこう恵まれているのかもしれませんね)は、そう多くはないといわれていてていましたが、昨今、日本でも子宮内膜がんは確実に増加しています。そして、特に、これまでにはほぼ無関連に近かった若い世代での子宮内膜がん患者が着実に増えているのです。

晩婚(世界的に、二歳から三歳、初婚の年齢が上昇しているそうです)化による少子化、食生活(洋食よりも和食の方が健康にいいといわれていますね)の欧米化、放っておいてもたまるストレスや疲労。これらは皆女性ホルモン(閉経後には分泌量が減り、更年期障害が起こることも多いです)のバランスを乱し、子宮内膜がんの要因へと発展します。事実、アメリカでは、昔から子宮頸がん以上に多い婦人病の代表格でした。こういう話を聞くと、子宮内膜がんという疾病に関心を持たざるを得なくなりますよね。私もこれまでは全然気にしていなかったのですが、先日会社の先輩OLが入院し、初めて関心を持たされました。今はちょっとずつだけど、子宮内膜がんの事が書かれているブログやサイトを探して読むようにしています。

 

サイトマップ