逆流性食道炎 胃がん

逆流性食道炎と胃がんの関係

逆流性食道炎と胃がんは深く関係しています。

例えば、逆流性食道炎を治療せずにそのまま放置してしまうと胃への負担が大きくなってしまって、胃がんを引き起こす可能性があります。そして、胃がんの手術をした場合、その後遺症として逆流性食道炎が発症してしまうことが多いです。

このように逆流性食道炎と胃がんは切っても切り離すことができません。

また、胃がんだけではなく、食道がんやバレット食道などを引き起こす可能性もあります。逆流性食道炎は放置すると他の病気を併発して、死にいたる危険があるので我慢してはいけません。

大抵の場合は日常生活を送る上で我慢できないほどの症状ではないため、我慢してしまいがちです。しかし、その我慢が胃がんや他の病気を引き起こしてしまうので、早めに治療を行ってください。

早めに治療を行えば、症状を改善するのにも時間がかかりませんし、がんのリスクも下げることができます。少しでも気になったら病院に行って医師に相談するのが一番です。

 

サイトマップ