乳がん 予防

乳がんを予防するには?

乳がんを予防する方法として、これといった確実な方法は今のところありません。決め手になる予防方法はありませんが、乳がんになりにくくなるのではないかっていう方法がいくつかありますので、それをご紹介をします。

・正しい食生活(人それぞれ、大きく内容が畭なるでしょう。体型や肌つや、精神にまで関わってくるものです)
・禁煙(喫煙してはいけない場所、または、喫煙を止めた人をいいます)
・太らない

バランスのとれた食生活(食習慣ともいい、日常的に何をいつ食べているかのことです)をすることにより、乳がんだけでなく、がん全般になりにくい体質(形態的特徴、反応機能上の特徴、心的現象上の特徴の三つを合わせた人それぞれの性質をいいます)になると言われています。

特に乳癌には、イソフラボン(胸を大きくする成分といえね、これというイメージが強いですね)を含んだ大豆製品(豆乳の独特の風味が苦手という方も少なくありませんが、最近は飲みやすく工夫された豆乳がたくさん売られています)を摂ると良いという研究結果が出ているようです。

みそ汁や納豆(ビタミンKやタンパク質、食物繊維などが含まれている上に、O157や病原性大腸菌、サルモネラ菌に対する抗菌作用もあるそうです)、豆乳など、大豆製品(小麦粉の代わりに大豆を使った小腹を満たす健康食品・ソイジョイも売られています。低GIで健康にいいそうですよ)を積極的に取り入れて、野菜を多く摂るようにしましょう。

それに、たばこはあらゆるがんの原因にもあげられているのですが、乳がんにかかるリスク(なんとなく、行動することによって危険性があるような気がしますが、実は行動しないことによる危険もあります)においても、喫煙しない人に比べて罹患率1.9倍という高い確率になっています。

このような結果をみても、たばこは百害あって一利なしと言えるでしょう。

また、肥満も危険因子になりますので、太らない生活を心がけて、食生活を改善するだけでなく無理のない運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)を取り入れると良いです。

それから、なるべく早期発見するために、定期的に検診を受けるようにすることも重要になります。最低でも二年に一度くらいは、マンモグラフィーによる乳がん検診を受けてください。

乳がん検診はどんなことをする

乳がん検診では、どのような検査が行われるのでしょうか。乳がんの検査には色々なものがあるはずですが、一番簡単にできる検査が触診です。触診は、脇の下や乳房を触ることで、しこりがないかをチェックする検査です。

しかし、小さなしこりの場合には、経験豊富な専門医でも見つけられないこともあります。特に胸の大きな女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)は乳房の脂肪も多いため、触診ではわかりづらいだと言えるのです。

また、ピンクリボン運動によって急速に普及し始めているのが、マンモグラフィーというX線撮影による検査方法なのです。

ただ、どこの病院にもマンモグラフィーが設置してあるわけではありませんので、検査を受けられる病院が限定されてしまうはずです。それに、乳房を上下から板のようなもので挟んで押し潰すようにして撮影するので、かなり痛みを伴うでしょう。

その他にも、超音波検査法があります。

超音波の機器はマンモグラフィーよりずっと普及しているため、個人病院でも受けることが出来るのです。もし、これらの検査で乳がんと思われるしこりが発見された場合には、その組織を採取し、良性か悪性かの判断を行う細胞診・組織診と呼ばれる検査が行われます。

 

サイトマップ