乳がん 抗腫瘍薬

乳がんの抗腫瘍薬使用

抗腫瘍薬治療を始めるか始めないかを決める際に、そのような点をきちんと医師(最近では、セカンドオピニオンを利用する人も増えてきているようです)と話し合うことが重要となってくるでしょう。また、乳がんの抗腫瘍薬治療について事前にサイトやブログで調べておくといいかもしれませんね

乳ガンの抗腫瘍薬について知ろうと思っても膨大な情報の中からどれに手を付けたらいいのか分からないという感じです。しかし、抗腫瘍薬の乳がんへの使用についてあなたはどれほど知っていましたか。

乳がんの抗腫瘍薬について調べていてまず一番に目に留まったことがありました。それは乳がんには抗腫瘍薬が効果やすいということなのです。また乳がんは術後の経過がよい事でも知られているようで、がんの種類によって抗腫瘍薬が効果にくいと言う物もあるようですね。

乳がんは転移するの?

乳がんは転移するのでしょうか?

残念ながら、他の癌と同じように、乳がんの場合も他の臓器へ転移します。また、乳ガンだったら、がん細胞がかなり小さいうちから乳腺に流れ出して他の臓器へ転移すると考えられています。このため、初診で乳癌が発見された時点で、既に他の臓器へ転移していることも多いのです。

とは言っても、その時点での転移は、まだ発見することが可能だまでにはいたらない状態であることがほとんどでしょう。

転移したがん細胞を発見するためには、時間が経過してから再度検査を受ける必要があります。ですから、仮に乳房のがん細胞の全摘出を行ったとしても、まだ発見することもできないような小さながん細胞が全身に転移していると考えて、抗癌剤治療やホルモン療法などを併用するケースが多いようです。

ただ、乳がんの場合は、他のがんよりも早期発見されるケースが多いため、そのように転移していると仮定されていても、比較的初期から対策をとることが可能になります。それに、最近では、がんの免疫療法なんかの新しい治療方法もどんどん取り入れられるようになってきていますから、今後は乳ガンの完治患者がますます増えることでしょう。

しかし、手遅れの状態で発見されたのではどうにもなりません。日常から定期的な健康診断を心がけるようにしてください。

乳がん関連コンテンツ

乳がんを予防するには?
乳がんを予防する方法として、これといった確実な方法は今のところありません。決め手になる予防方法はあり ..... >> 続きを読む

乳がん検診はどんなことをする
乳がん検診では、どのような検査が行われるのでしょうか。乳がんの検査には色々なものがあるはずですが、一 ..... >> 続きを読む
 

サイトマップ