漢方 胃がん

胃がんの原因って?

胃がんは最も注意すべきガンの一つです。
切除という手段が印象的ですが、井上先生の提唱する対策は食事療法ですから、少し微妙な感じになります。

医師との相談を重ね、メディカルイーティングとの兼ね合いをとれると良いですね。

胃がんに関しての情報を提供していきますので、参考にしてください。

胃がんの原因は以下の通りです。

・偏った食生活
・過剰な飲酒(自分の能力を超えて飲むと二日酔いになります)
・喫煙
・ストレス
・ヘリコバクターピロリ菌

栄養バランス(真剣に考えると、献立を考えるのも一苦労ですね)の悪い偏った食生活(必要に迫られて、改善を余儀なくされることもあるでしょう)は胃がんの発症リスクを高めてしまいます。

また、胃を刺激するものもよくありません。

過剰な飲酒(日本人はアルコールを分解する能力が低い人が多いそうです)も胃がんの原因になるのです。

普段から非常に多くアルコールを飲んでいる人は気をつけた方がいいでしょう。

喫煙(吸っている本人だけでなく、側で煙を吸った人の健康にも影響が出るといわれています)も胃がんの原因の1つです。タバコ(日本には南蛮船によって近世の初頭に持ち込まれたといわれています)にはガンを発生させる物質が含まれている為、タバコを吸っている人はがんになりがちなです。

ストレスになったら胃への負担が大きくなり、胃がんを発生させてしまう場合があります。そして、ヘリコバクターピロリ菌も胃がんと関係しています。ヘリコバクターピロリ菌(ヒトやイヌ、ネコなどの胃に生息する細菌で、胃潭瘍や悪性腫瘍の原因になることがあるといわれています)に感染していると胃がんになる可能性が高いです。

このように胃がんの原因は数多く存在していますが、基本としてはいずれも意識すれば防ぐ事が可能なものばかりです。

生活習慣や食生活が主な原因となるので、胃がんを予め防ぐためにも現在の生活(後で振り返ると懐かしくなることもよくあります)を見直してください。

胃がんのステージとは

胃がんのステージとは、何の事?なのかを説明しておきましょう。

胃がんのステージは6段階に分けられていて、また、その6段階の中でもさらに分けられているので、計13パターンに分けることができます。その13パターンで、胃がんがどの程度進行しているか、転移していないかどうかなどによって、ステージが決められているのです。

そして、ステージの6段階の表記は、TA期、TB期、U期、VA期、VB期、W期とされています。

AとBは、リンパ節に転移があるか、ないかを示しています。

胃がんの初期の場合は、TA期、または、TB期みたいですね。胃がんが進行して、様々なところに転移がみられたらW期とされ、いわゆる末期になる訳です。

このステージによって、現在の胃がんの進行がどの程度なのか、どのように治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)をすればよいのか、おおよその判断が出来るはずです。

また、ステージによって、5年生存率が分かります。5年生存率とは、5年後に生存している割合ですので、高いほど治る確率(高いからといって必ずしもそれが起こるとは限りません)が高いといえると思います。

漢方で胃がん治療ができる?

胃がんの治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)に、漢方を用いるやり方もあります。一般的には、胃がんの手術で胃の切除などをした場合、食欲の低下などが起こり、体調が著しく悪くなって体力がとても低下してしまうものです。

それに、抗がん剤による治療などをした場合にも、いろいろな副作用により障害が起こってしまうことが多いです。

ご高齢の方は、元々体力の心配から、治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)が困難だと言う場合もあります。

こういう、胃がんや胃がん治療により、体力が低下行う方 たちに、漢方薬を用いての治療は向いていると言えますね。

例えば、低下している体力を補うような治療に漢方薬を使ったり、食欲が無い人に対して食欲を増進させる漢方を用いたり、栄養バランス(一汁三菜の和食というのが理想的でしょう)の崩れから来る体調の不良などにも効果が期待できるだといえるはずです。

漢方はがん細胞そのものを減らすという治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)ではなくて、免疫力を高めてくれるような、間接的な治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)になりますが、体力の無い患者にとっては、良い治療方法と言えますね。

漢方を用いた治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)は、副作用がほとんどないと言う事からも、メリットのある治療法だと言えるはずです。

塩分と胃がんって関係ある?

実は塩分と胃がんは関係している事が分かっています。意外な感じもしますが、しっかりと知識を吸収しておきましょう。

塩分を摂り過ぎると胃がんの発症危険性が高くなってしまうので注意(しすぎというくらいでちょうどいいのかもしれないですね)しましょう。胃がんを予防したいなら減塩を目指した方がいいのです。また、塩分の過剰摂取は胃がんだけではなく、高血圧(高けれね高いほど危険だといわれていますね)を引き起こす原因といわれています。

すると脳卒中や心筋梗塞(急性心筋梗塞、亜急性心筋梗塞、陳旧性心筋梗塞などがあります)にもかかりやすくなってしまうみたいです。

日本人は塩分の摂り過ぎだと言われている為、意識して塩分を減らしてくださいね。

たとえば、味噌汁は1日1杯しか飲まない、塩辛い食べ物(特に最近では安全性が問われていたりしますね。産地偽装など様々な問題が起こっているようです)(漬物、たらこ、いくら、塩辛など)を控える、減塩の調味料を使う、薄味を心がけるといったことを実践するのみでも減塩に繋がります。

最初は物足りないと感じるかもしれませんが、続けていると段々に慣れていきます。塩分の過剰摂取だけが胃がんの原因ではないとは言っても、きっかけを作ってしまうことには変わりないので、食生活を見直しましょう。

そして、免疫力を高めるためにウォーキングやジョギングなど必要なだけの運動をするのもいいですよ。

 

サイトマップ