胃がん 治療

スキルス性の胃がん

スキルス性の胃がんって、どれくらいのがんなのかを説明します。スキルス性の胃がんは、見つけることが困難ながんと呼ねれているんです。

X線検査(造影剤を使う場合は造影X線写真、造影剤を使わない場合は単純X線写真と呼ぶのだとか)や胃カメラでも、なかなか見つけられません。もし、見つけられたとしても、それはかなり進行し、末期の状態のことが多いでしょう。

その為、手遅れになることもよくあるでしょう。

スキル(磨くという表現があるように、努力が必要になります)ス性の胃がんの初期症状として、胸(開いていると、つい目線がいってしまうこともあったりなかったり)焼けや胃がもたれているような重い感じがしたり、鈍い痛みを感じたりします。

胃の痛みは、空腹時によく感じ、食事の後には痛みがなくなるでしょう。それに、食欲不振になったりもします。末期になると、吐血、嘔吐等の症状がみられます。

スキルス性の胃がんの大きな特徴は、見つけにくいということだけでなく、進行が早く、転移しやすいということです。スキルス性の胃がんの進行は数ヶ月と非常に早く、スキルス性の胃がんになった方の半数以上が腹膜やリンパ節に転移しています。

そして、スキルス性の胃がんは、手術をしたとしても、再発してしまう可能性が非常に高いのだとか。

定期的に胃の検査を受けていても発見が難しく、手遅れになることが多いスキルス性の胃がん。塩分を摂りすぎると、スキル(後天的に会得したものを指すことが多いでしょう)ス性の胃がんになることもありますので、まずは食事を見直すことが大切です。

 

サイトマップ