胃がん 転移

胃がんは転移しやすいの?


胃がんは転移しやすいのでしょうか?

結論からいうと他のがんに比べたら転移するリスク(時にはあえてそれを承知でトライする必要があることも)は少ないです。

当然、全く転移しない訳ではないのですが、初期段階だと進行が遅いため、あまり転移の心配はありません。ただ、発見が遅れると転移してしまったりするの注意してください。

転移しやすいのはリンパ節と腹膜(腹壁の内面を覆う壁側腹膜・壁側葉と臓器を覆う臓側腹膜・臓側葉が腸間膜で繋がります)なのではないでしょうか。

リンパ節に転移した場合、手術で一緒に取り除くのです。

初期段階なら完治もしやすいです。

腹膜に転移してしまうと手術で治すのは難しくなります。その為、抗がん剤治療などが行われます。このようにリンパ節ならまだいいかと言って、腹膜に転移した場合は治療が困難になってしまいます。

腹膜に転移させないためにも早期発見、早期治療が大切になるので、おかしいと感じた場合は検査を受けてください。また、胃がんになった場合、転移を防ぐために医師(あまり頼りすぎるのもよくありませんが、全く指示に従わないとなると治るものも治らないでしょう)から様々なアドバイスを受けるだと言えます。

そのアドバイスを無視せず、きちんと実践するようにしてください。

胃がんが転移しやすい場所

胃がんが転移しやすい場所を三つ紹介します。

・リンパ節
・肝臓
・腹膜

この三つが、胃がんが転移しやすい場所になります。

まず、リンパ節ですが、胃がんで最も転移する場所が、リンパ節なんです。リンパ節に転移しても、リンパ節を取り除くことで、治すことができるはずです。しかし、あまりにも広範囲に亘って転移した場合は、手術が出来ないのです。その場合は、抗がん剤を使用しての治療と呼ねれているんです。

次に、肝臓だからと言って、がん細胞が、胃の静脈によって肝臓へと転移します。肝臓に転移した場合は、切除する手術が行われます。

お終いに、腹膜(胃の周辺の大綱と肝臓の下側を覆い、胃の上部へと繋がる小綱が特に大きいでしょう)ですが、がん細胞が粘膜に入り込み、お腹の中を覆っている腹膜(腹膜面の総面積は、1.7〜2.0平方メートルもあるといわれています)に転移します。

そのほかにも、大腸、肺、骨、脳、卵巣などに転移することもあるでしょう。

胃がんは転移しにくいがんだと言われています。しかし、それは初期の段階の話です。がんが進行してしまうと、様々な場所に転移し、手術だけでなく、様々な治療を受けなければならないのです。胃がんに限らず、がんは早期発見、初期の段階で治療が大切ですので、定期的に検査をうけるようにしましょう。

 

サイトマップ