胃がん 治療

胃がんの治療法って?


胃がんの主な治療方法は以下の4つです。

・手術
・放射線治療
・抗がん剤治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)
・免疫療法

胃がんになった場合、転移を防ぐために手術を行うんです。

手術のほうが他の方法(事前に調べることで失敗の確率を減らせることもあると思います)よりも確実に胃がんを治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)できます。

リンパ節に転移しない時は内視鏡による切除だけで済むこともあります。がんが進行した場合、再発・転移した場合に使用されるのが放射線治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)です。

放射線によってがん細胞を小さくしたり、破壊することができます。がんを小さくしますからや、再発を予防するために抗がん剤治療を行います。放射線治療や抗がん剤治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)には副作用があるので、前もって医師に確認しましょう。また、免疫力を高めてがんの活動を抑える免疫療法もあります。

副作用は少ないですが、効果が出るまでに時間がかかってしまいます。基本としてはこういった治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)を組み合わせて、胃がんを治すことになります。どの治療方法を用いるかは医師と相談しながら決める事になるので、疑問点などがある場合は遠慮なく質問しましょう。

胃がんの治療費用はどのくらいかかる?

胃がんの治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)をしているときは、気になるのが治療費用だと言えるでしょう。

では、胃がんの治療をするとしたらどのくらいの費用がかかるのでしょう?

できるだけ早く見つけることができて、内視鏡手術で十分治せる場合は三十万円以下で済むでしょう。この中には入院費も含まれているものです。

日帰りだったらさらに費用が安くてなりますよ。

腹腔鏡下手術と定型手術の場合は、10日以上入院をするので全てあわせて120万円ほどかかるでしょう。また、抗がん剤治療だと1年間に100万円ほどかかります。これらの治療費用はあくまでも目安なので、実際にはもっとかかったり、これよりもかからない事もあるため、病院に確認してください。

がん保険に加入していれば、かかった費用を負担してもらえるので、自己負担額を抑えることができます。万が一に備えて、保険に加入しておいた方がいいかもしれません。

保険に加入したくない人もいざといった時のためにお金を貯めておいた方が良いかもしれません。お金がなければ受けられる治療を受けることが出来ないのです。

 

サイトマップ