漢方 胃がん

胃がんにはどんな検査方法がある?


胃がんかもしれないと思った場合、すぐに病院に行き検査を受けて下さい。

胃がんの検査方法は次の2つです。

・X線検査
・内視鏡検査

X線検査とはレントゲン(ドイツの物理学者ヴィルヘルム・レントゲンが発見し、第一回のノーベル物理学賞を受賞したそうです)検査のことです。

レントゲンで胃を撮影して、状態を調べます。

検査の前には食事と水分(常圧乾燥法、減圧乾燥、カール・フィッシャー滴定法などの測定法が知られています)摂取についての制限があるので、医師(あまり頼りすぎるのもよくありませんが、全く指示に従わないとなると治るものも治らないでしょう)の指示に従ってください。

胃がんを調べるために内視鏡検査も行うこともあるでしょう。

小さなカメラを口や鼻から入れて、胃や十二指腸などを調べます。経験した事がある人なら分かると思いますが、慣れるまで苦痛を伴います。検査にかかる費用は病院によっては異なる為、直接問い合わせてください。

ただ、一般的にX線検査は壱萬円〜15000円、内視鏡検査は15000円〜20000円くらいなので、そのくらいのお金は用意しておいた方がいいでしょう。

年齢が上がると発症しやすくなるので、中高年(色々な定義がありますが、40代から50代くらいを指すことが多いでしょう)の方は定期的に検査を行ってください。気付いていないだけで発症しているケースも珍しくありません。

胃がんの検査方法

胃がんの検査方法はいくつかあるのです。

・内視鏡検査
・腹部コンピューテッド・トモグラフィ検査
・X線検査(レントゲン検査ともいいますね)

これら三つの胃がんの検査方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)が代表的でしょう。

一番目の内視鏡検査は、口から内視鏡を入れて、胃の中を検査する方法です。この内視鏡検査は、胃の中をちゃんと見ることができるために、X線検査などでがんの可能性があると診断された後に、この内視鏡検査で精密に検査します。内視鏡検査を行う際は、喉に麻酔をかけ、そして、鎮痙剤で胃の動きを抑えます。

そして、二番目の腹部CT検査は、がんだと診断されてから行われる検査で、内視鏡検査と同様に、精密に検査する事ができる方法です。CTで腹部の画像を出して、体内のどこにがんがあるのかを見つけ出します。

三番目のX線検査は、バリウムを飲んで行う検査です。X線検査は、胃がんをみつけるだけでなく、胃潰瘍やポリープも見つけることができるでしょう。

X線検査(フィルムレスで撮影されることも増えているそうです)を受ける場合は、胃を空っぽにしておかなければならないので、X線検査(造影剤を使う場合は造影X線写真、造影剤を使わない場合は単純X線写真と呼ぶのだとか)をうける当日は飲食をしてはいけません。

他にも、いろいろな胃がんの検査方法がありますね。胃がんではないかと気になる人は、一度病院で詳しくきいてみてください。健康である方も、定期的に検査を受ける事をオススメします。また最近は簡単に検査できる検査キットも注目されています。

病院での検査に抵抗を感じるならコレで決まりです。

 

サイトマップ