抗がん剤 副作用

抗がん剤治療の副作用って?


井上先生の提唱する食事療法以外にも、実際ガンと宣告されたならば、数種類の治療を受けているのが当然です。


手術、放射線、そして抗がん剤はスタンダードな手法の一つです。
勿論、抗がん剤の効果も間違いなくありますので、この辺りは医師と相談して進めるのが当然です。

復習の一環として、抗がん剤に関する情報を提供します。

抗がん剤による副作用には、以下のような症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)があるようです。

・感染症、貧血、出血
・脱毛
・吐き気、下痢、口内炎

どの症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)も、抗がん剤が細胞のDNAに対して障害を起こすため、正常な細胞にまで影響が及ぶことによって起こる症状です。

造血細胞に影響が出ると、白血球や赤血球(成人の場合、体内に約20兆個ほどあります)、血小板がなどが生成されなくなるでしょう。

そうなると、感染症、貧血(鉄欠乏性貧血、再生不良性貧血、溶血性貧血、巨赤芽球性貧血など、色々な種類があります)、出血などが起こります。

毛根細胞に影響が出ると、毛が抜けるということになりますね。

そして、粘膜にも影響が及びます。

消化管の粘膜であれば、下痢をしたり激しい吐き気が起こり、口腔粘膜に影響があれば酷い口内炎になるかもしれません。

個人差はありますが、特に感染症、脱毛、吐き気などが起こりがちだといえます。

ほかにも、アレルギー反応、嘔吐、発熱、血圧低下、倦怠感、食欲不振、皮膚(実は常在菌がいるそうです。そう考えるとちょっと怖いかもしれません)の角化、手足のしびれ、膀胱炎などが見られるはずです。

いずれにせよ、副作用(いかに抑えて、効果だけを得られるようにするかが製薬会社の企業努力でもあります)があるということを頭に置いていたほうが、副作用が起こったときの対処が出来るため、知識を入れておくようにしましょう。

 

サイトマップ